トップ不定期連載コラム>大きいということ

大きいということ

みーこ 

 五寸釘。実物を手にした時、思わず笑ってしまうという人は、私と笑いのツボが近 いかもしれません。
 何を面白いと感じるかは人それぞれですが、私にとって「大きい」ということは笑 いの一要素になりえます。
 カピバラの写真を見た時は笑いが止まりませんでした。体長約120センチのねず みを想像してください。 でかい! かわいいけどでかい! また熊本県の某駅には 高さ二メートルの金魚がいるそうで(もちろん模型)、いつかこの目で見て大笑いし たいと思っています。

 ホームセンターに勤めていたころ扱っていた商品で、心惹かれたのが長さ50数セ ンチのモンキーレンチ。凶器にしても重すぎるし、実際に使い道があるんだろうかと、 見るたびにおかしく思っていました。あのレンチがどうしても必要な作業ってどうい う状況なんだろう(道具に見合う大きさのボルト、ナットがあるかと思うとそれもま たおかしい)。ご存じの方がいましたら教えて下さい。

 近々、友人の紹介で足立区にある喫茶店にいくことにしていますが、そのお店はジ ュースやコーヒーを入れる容器が変わっているのがウリなんだとか。洗面器並みのカッ プで飲むコーヒーが今から楽しみです。

Copyright(c)2001-2006 たーやん&みーこ. All Rights Reserved

大きいということ<不定期連載コラムトップ