夏休みの思い出をパズルにしよう-低学年編 夏休みって楽しいけれど、あっという間に終わっちゃう・・・夏休みの思い出を工作で残してみない?

やってみよう

木取り図

木取り図木取り図です~(絵をクリックすると大きなのがでるよ)。絵をクリックしても出ないよ~という人はこちらをクリックしてね

木取り図をかきましょう。木取り図というのは、自分の必要な部品をどんな材料から、どのように切り出していくかというのを描いたものです。

※なるべく無駄の無いように木を切り出せるようにしましょう。残った材料がもったいないです。また、大きくてきれいな部品の切り残しが出るようにしておけば、残った部分はまた別の工作で使用できます。


どんな思い出?

下書き
まずは紙に下書きです。

まずは楽しかった夏休みの思い出を絵にしていきます。
下書きですけど、きちんとやったほうがあとで楽ちんですよ。

※紙はどんなものでもOKです。僕は直接板に描く!という子は下書きはいりませんよ。


転写!

板と下書きの紙の間にチャコペーパー
チャコペーパー
上からなぞります。
上からなぞる
わかりづらいですけど、転写されました。
転写完了

下書きの絵を板に写していきます。

ここでは片面チャコペーパーを使っています。チャコペーパーはカーボン紙のように、上から書くと線が下に写る複写紙です。両面・片面、色も水色、ピンク、白などいろいろあります。チャコペーパやカーボン紙がない人は、下書きの絵の裏を鉛筆で塗りつぶすという方法でも木に絵を写すことができます。

チャコペーパーは水で濡らすと書いた線が消せるという利点が
ありますので、買ってもいいかな?という人は試してみてください。

下書きの紙と板の間にチャコペーパーをはさみ、下書きの絵をボールペンなどでなぞっていきます。なぞり忘れのないように、赤や青のボールペンでなぞっていくといいかもしれません。

転写する相手はシナベニヤ板です。あまり強くボールペンで転写すると傷がついてしまいますので、絶妙な力加減が必要かもしれません。まずは軽い力で転写してみて、ちらちらと紙をめくって、転写具合を確認しながら作業をしてください。

※転写している間に下書きの絵がずれて、転写がうまくできない場合があります。 左の写真のように、下書きの絵の一辺をテープなどで板に固定しておくと、ずれ防止になって、失敗が減ります。

下書きを濃くするのだ

線の上書き
線を見やすくするために鉛筆でなぞります。

チャコペーパーで転写された線は水色でちょっと見づらいです。ですので、チャコペーパーの部分を鉛筆でなぞって濃くしていきます。

※この作業はどうしても必要なものではありません。ある意味、チャコペーパーの「水で消える」という特徴を殺してしまうわけですから、チャコペーパーのあとを消したい人はこの工程は飛ばしてください。たーやんとみーこはホームページ的に見づらいのでなぞりました。

切り取り線

キリトリの線
どんな風に切っていくのかを書き込みます。

この板をどういう風にバラバラに切っていくのかを書き込んでいきます。細かくすれば難しいパズル。大きく切っていけば簡単なパズルになります。

※この工程もどうしても必要なものではありません。適当に切ったほうが自分にとっても難しいパズルができあがるので面白いかもしれません。

わくだ!

枠の用意
枠を切り出します。

今回は、枠をパズルと同じベニヤ板から切り出しました(1コマ目の木取り図参照)。
枠の長さは2種類あるので、サイズに気をつけてね(短い方の枠の上下に長い枠を置いて正方形になるようにします)。

※枠なので、できるだけまっすぐに切らなくてはいけません。慎重に切っていきましょうね。

バラバラにしてしまおう

糸ノコでばらばらに
板をバラバラにしていきます。

板をバラバラに切っていきます。写真では糸のこ盤で切り出していますが、両刃のこぎりなどで、バラバラに切っていってももちろんOKですよ。

※歯の古いのこぎりなどで切ろうとすると、シナベニヤがぐちゃぐちゃのボロボロになってしまうので、細かい刃のよく切れるのこぎりで切るようにしましょうね。

あ~、バラバラだぁ

バラバラにしました
おお、パズルになってきたよ!

こんなんなっちゃいました。

※この時点ですでにパズルになっていますので、自分でわからなくなっちゃわないように気をつけてね。

バリバリバリバリバリバリバリ取り~

バリ取り
サンドペーパーでバリ取りです。

ノコギリでベニヤを切ると、間違いなく、バリがでます。バリっていうのは、板の切り口にできるささくれ立った部分のことです。これを240番くらいのサンドペーパーできれいに取り除いていきます。

※角を少し削ってしまうくらいの気持ちで削ればきれいに早くバリを取ることができます。

シーラー塗り

シーラーを塗ります
シーラーを丁寧に塗っていきます。

塗装をする面にシーラーを塗っていきます。シーラーは余計な塗料の吸い込みや、にじみを防止して、塗料と素材の密着性を高める効果があります。

※シーラーが手に入らないよぅ!という人は、シーラーは塗らずに、400番くらいのサンドペーパーで板の表面をまんべんなくこすっておいて下さい。これで少しは密着性が高まります。

ちょっと乾燥

乾燥タイム
乾燥ターイム!

シーラーを全体に塗ったら、乾燥させます。乾燥時間はそんなに長くなくても大丈夫だと思います。大体夏場なら15分くらい。冬場でも30分くらいで大丈夫かな?
触って乾いていればOKです。

※まわりにしたたり落ちるほど塗る必要はありません。そんなに塗ってしまうと裏に水滴ができて固まってしまったりしますので、ご注意を。

色塗り開始!

背景の色塗り
背景に色をつけていきます。

色を塗っていきます。アクリル絵の具をあまり水で薄めずに描いていきましょう。どうしても筆がひっかかってしまって、塗りにくいよ!という時には、筆にちょっとだけ水をつけて、塗りましょうね。

※下書きをしてから塗る方法は、これが少し面倒くさいです。直接板に絵を描いていると、こういう面倒な作業はいらなくなります。

細部の描きこみ

細部の描きこみ
細い筆で細かいところも…

背景を塗ったら、細かい部分に色を入れていきます。

※アドバイスとして、黄色や、オレンジなどの明るい色の部分は、はじめに白を塗って、乾いてからその上に黄色やオレンジを塗れば、きれいに色がでますよ!

イラスト完成!

イラストの完成
イラストの完成です。

イラストが完成しました!うまく夏の思い出は描けましたか?

※何も、全てを絵の具で描こうとしなくても大丈夫ですよ。このイラストも絵の具で色をつけてから、マジック(水性)で、縁取りをしていますから。ただし、油性マジックは使わないようにしましょうね。絵の具が溶けてしまいます。

枠を用意しよう

枠の用意
枠はこんな色にしてみました。

次に枠を用意します。
枠はあらかじめ切り出してあると思いますので、それに着色をしていきます。絵の雰囲気に合わせて好きな色を塗りましょう。
みーこはここでアイボリーを選びました。

※幅の広い筆などがあると塗りやすいかもしれません。写真ではスポンジハケを使っています。

組み立てだよ

組み立て開始
枠の裏にボンドをつけます。

色を塗った枠が完全に乾いたら、組み立てていきます。

まずは枠の裏側に木工用ボンドをつけます。

※あまりつけすぎると、枠をつけたときに、ボンドがはみ出しちゃいます。でも少なすぎると、枠がとれちゃいますので、ほどよい量をつけてください。

貼り付け

枠の貼り付け
きれいにまっすぐ貼りましょう。

ベニヤ板に、枠を貼り付けていきます。きれいにまっすぐ貼っていきましょう。長さが2種類あるから、間違えないで。

※ボンドでくっつけてしまうので、失敗するとやり直しができません。まずは、パズル部分と一緒に並べてみて、どんな風にならぶのか感じをつかんでおきましょう。

枠完成!

枠の完成
枠が完成しました!

きれいに貼れましたか?

※ボンドが乾く前なら、少しは枠が動きますから、修正するなら今のうえに。

完成!

飾ってうれしい、遊んで楽しいパズルができました!
パズル完成
このパズル、実はリバーシブルです。裏にはこんな絵を描いてみました!
パズルはリバーシブル