意外に消えるよ!車のキズ うわーん!せっかく大事に乗っていたのに~ 車をこすっちゃったよ~(泣) 修理工場に出さなくちゃ! でも、修理代とかすごく高いんだろうなぁ。。まずは自分でできそうなことをやってみない? 意外に大きなキズも簡単に消えるかもよ!?

 

やってみよう!

見た目が派手なキズほど!?

キズの確認
友人あい君が愛車をぶつけてしまいました。側面にはものすごいこすりキズがドアから後輪の上まで続いています。

まずはキズが目立つ大きなものでも、慌てずにキズの種類を判断して下さい。

下地の金属が出ていない場合、消える可能性が高いです。自分で、見てみて「ああ、これは金属じゃないけどきっと下塗り剤だな」と判断せずに、まずはやってみましょう。

※結構、板金修理の工場では、このような「拭いたり磨けば消える傷」っていうのはいわゆる「おいしい仕事」です。こんな簡単なことでも数万円取られる時もあります。今回のDIYなら1000円でおつりがきます。修理に出す前にまずは試しにやってみましょう。


緩やかな凹み

ゆるやかな凹み
かなり激しく見えますね~。凹んでいるあい君を尻目に写真をパチリ(笑)

写真ではわかり辛いですが、大きく緩やかに車体が凹んでいます。でも、こういう凹みって、キズが目立たなくなれば、意外にわかりづらくなるものです。まぁ、見ていなさいって!

※角張った凹みなどはさすがに目立たなくなるということはないので、そういう場合は内装を外して、凹んでいる場所を内側から手で押してみれば直ることがあります。内装を外せる人は試してみましょう!



まずはうすめ液で拭いてみる

うすめ液で拭いてみる
まずはうすめ液関係でふきふき。「おお!消えるじゃん!」あい君感動の叫び(笑)

結構、白くなってしまっているキズなどの大部分がぶつけた相手側の塗料などだったりします。
今回、あい君がいうには、相手はコンクリートの柱だったから、相手の塗料という事はないという事だったのですが、拭いてみたら、消える消える。おもしろいようにキズが消えていきます。

※うすめ液は強力な溶解力を持っています。ためす順序は「ペイントうすめ液」→「ラッカーうすめ液」です。万が一、拭いている雑巾に自分の車の塗料がつくようなら、自分の車の塗装を剥がしているので、すぐに中止しましょう。


今回のコンパウンドは液状♪

パッドにコンパウンドをつけて
あまり強くこすらないように
コンパウンドをパッドにつけて磨きます。平らな部分がちゃんと平らに当てているかを確認しながら磨きます。

だいぶ薄め液でキズを消すことが出来ましたが、まだしぶとく残っている傷もあります。今度はコンパウンドで磨いて消していきましょう。

パッドにコンパウンドをつけて磨きます。コンパウンドは今回、液体タイプを使用しています。番手は3000番、最後の仕上げに9800番を使用しました。もちろん、ペースト状のものでもOKですよ。

ただ、注意してもらいたいのは、コンパウンドはあくまでも「削る」行為をするということです。作業中は使用しているパッドをよく確認し、自分の車の塗装を削っていないか確かめましょう。

コンパウンドをかけるときは「カドはほどほどに」して下さい。カドは塗装が薄く、コンパウンドでも削られやすいのです。あんまりごしごしこすると、すぐに金属が出てきてしまいますよ。特にドアや給油口のフタのふちなんかは注意が必要です。

※ここまでくると残っているキズは大体、限られているはずです。キズをよく見てみましょう。車の塗装が割れたり剥がれたりしていませんか?もしそうなら、コンパウンドは効果ありません。タッチペンなどで補修しましょう。


消えない傷

消えない傷
サイドガードのキズは、ガードをえぐっていたので、タッチペンで補修するようにあい君に言っておきました。

どうですか?消えましたか?
ここまでやって消えない傷は、自動車側についてしまった傷だと思います。

小さいものならとりあえずタッチペンで補修しておきましょう。大きな傷になると、スプレー塗装ということになります。いつかこのホームページでも挑戦していきたいと思いますし、挑戦される方にはアドバイザーや僕たちはできるだけ協力したいと思います。

※浅くて広い範囲についているキズに関しては「カラーワックス」という裏技もあります。カラーワックスを何回も何回も塗って、拭いてを繰り返すと目立たなくなります。僕がやった時は、20回くらい繰り返したら目立たなくなりました。

 

完了!

消えない傷
どうでしょう!?ほとんど目立たなくなりました。凹みに関しても緩やかな凹みだったために、あんまりわかりません。費用は1000円でおつりが来るくらい、所要時間は10分くらいかな?