トイレのチョロチョロなおしてみよう ありゃりゃ・・・トイレの水がいつまでも止まらないよ?そういえばどうしてトイレって流れるんだろう 水漏れなおすついでにトイレの仕組みも知っておく!?

やってみよう!

水のルートを確認!

水のルートを確認
トイレの水供給がどうなっているのかをよ~く確認しておきましょう

トイレは、タンクに溜まった水を便器に流して、その水流の勢いで流してしまうという仕組みです。

では、タンクに水を溜めるために、どこからどうやって水が供給されているのかをしっかりと把握しておきましょう。
このトイレの場合は、隣の洗面台の下で水道が分岐して水が供給されているようです。

※水のルートをよく確認して、正しい元栓を閉めておかないと大変なことになります。電気関係をいじるときにはブレーカーを切っておく、水関係をいじるときには元栓をとめておく。これが原則です。


忘れるな!元栓閉め

忘れるな!元栓締め
まずは元栓を閉めてしまいます。これをやらないと、もちろん大変なことに(笑)

これを忘れると、どうなるかは、ご想像の通りです。

この作業を行っていないあなた!あなたには水難の相が出ていますよ~~。

※元栓は各家庭により、閉める道具が違います。ここではマイナスドライバーを使用していますが、スパナを使用したりする場合もあります。


蓋をあけてみよう!

蓋をあけてみよう
タンクの中ってどんなふうになってるんだろう?ドキドキ・・・しないって?

さぁ、トイレのタンクのフタを開けてみましょう!
タンクのフタに蛇口パイプがついているタイプもあると思いますが、そっと持ち上げてみて、何かホースがつながっている場合には、手でとってから、フタを開けてください。

※みーこが持っているフタは樹脂製で軽いものですが、陶器でできている場合が多いので、落として割ってしまわないように注意してくださいね。


これが内部!

これが内部
意外にいろんなものが入っていますね。でも仕組みはシンプル!

タンクの中を見るのは、はじめてですか?
どうです?意外にごちゃごちゃしていますか?それとも思っていたよりはシンプルですか?

※トイレによって、中の様子は少しずつ違いますが、入っている部品は大体同じです。寒い地域だと、タンクの内側に凍結防止の発泡スチロールが貼ってあったりします。


トイレタンクの仕組み

トイレタンク内部


しくみはこんな感じです。表示されない人はFalshプラグインをインストールして下さい。

浮き玉が、何かの拍子に、浮き上がらなかったりした場合、タンクから水があふれてしまいます。それを防止するのがオーバーフロー管で、オーバーフロー管より高い水位まで水がたまると、オーバーフロー管から水が便器へ流れるしくみになっています。

※トイレにチョロチョロ水が流れていて、タンク内に水道から水が追加されている雰囲気があったら、このオーバーフロー管から水が出ている可能性があります。浮き球が正常に浮かぶかどうか、浮き球があがりきった状態でボールタップからの水が停止するか確認しましょう。


ボールタップを外す

ボールタップをはずす
タンクへ繋がっている水道パイプをはずします。

中の部品を外してみます。
ボールタップは、パイプに固定されているので、スパナでナットを外してやります。このナットはだいたいタンクの外側についていると思います。

※始めのうちに元栓を閉めてありますが、元栓を閉めていないと、このナットを外したときに………ああ、恐ろしい。


これがボールタップ!

これがボールタップ
この白い玉がついた部品(ボールタップ)をはずします

タンク内に水を補充するための水栓の役割を果たすものです。詳しくは、上のフラッシュムービーを見てください。

※ボールタップにはいくつか種類があり、この写真と同じものが入っているとは限りません。タンクのフタに蛇口パイプがついている場合には、ボールタップの先の部品(左写真ではクリーム色のL字型部品)が二股に分岐していたりします。しかし、ボールタップ自体の水をタンクに供給するという役割はまったく同じです。


フロートバルブを取り外す

フロートバルブを取り外す
このゴムでできたフロートバルブをはずします。表面が劣化してぼろぼろです。

この黒い部品がフロートバルブです。
フロートバルブは、いわばタンクの底の栓です。

つまり、このフロートバルブが劣化していたりすると、水をきっちりとめることができず、ちょろちょろと便器へ水が流れ出てしまうことになります。

※劣化していなくても、取り付け方が甘く、フロートバルブがずれて、きっちりと排水口にはまらないと同じように水がちょろちょろと流れ出る原因となります。


しんぴ~ん

新品のフロートバルブ
新品のフロートバルブを取り出します。

ホームセンターで購入してきた新品ぴっかぴかのフロートバルブに取り替えます。

※フロートバルブはトイレによって様々なタイプ・サイズがあるので、購入するときには古いものを取り外して持っていくといいでしょう。決してお店の人に「普通のトイレなんだけど」などと言わないように(笑)トイレの部品は衛生商品なので、たとえ未開封でも交換・返品が出来ません!


取り付け方

フロートバルブの取り付け方
フロートバルブの取り付け方

説明するまでもないような気がしますが、こんな感じでとりつけて下さい。両脇のアーム部分は外れないようにきっちりと取り付けてください。

※ここがずれると、フロートバルブが穴にきちんとはまらずに、水がますます漏れるようになってしまいます。


チェーン

チェーンの取り付け
チェーンを取り付けます。

フロートバルブと、チェーンを取り付けていきます。
チェーンの長さの調節がここではポイントとなってきます。

長すぎず、短すぎず。外側のレバーを引いたときには、フロートバルブがきちんと開き、離したときにはフロートバルブが降りてぴったりと穴にはまる状態でなくてはいけません。

ベストだと思える長さになるまで、何度でも調整しましょう。

※短すぎると、穴にきちんとはまらず、長すぎるとレバーをひねってもフロートバルブが開かずに水が流れません。


ボールタップの分解

アームのネジをはずす
まずは浮き玉のアームをとめてあるネジをはずします。
アームを引き抜く
ネジを外したら、アームを引き抜きます。
弁を取り出す
まっすぐに中身(弁)をとりだします。

先述の通り、ボールタップは、タンク内に水を供給する水栓の役割を果たしています。

水栓ということは、この中には水を通したり、止めたりする「弁」があり、その弁には小さな隙間から水が漏れないようにするためのパッキングがついています。

このパッキングが劣化してしまうと、そこから水が漏れ続け、タンク内に常時水が流れることになります。

タンクには水があふれることを防止するオーバーフロー管があるため、水がタンクからあふれることはありませんが、オーバーフロー管から排出された水が常に便器内に流れ出ることになるのです。

※ボールタップは意外に細かいパーツに分かれます。そして、結構複雑な組まれ方をしているので、取り外す時には、どの部品がどの部分に、どのように組まれていたのかをしっかりと覚えながら分解してください。分解する前にイラストを書いておくといいかもしれません。


パッキングの点検

パッキンのチェック
先のこのゴムの部分(パッキング)が劣化すると水が止まらずにタンクの中に水を入れつづけてしまいます。
パッキンの取り付け直し
劣化していれば交換しますが、まだ大丈夫そうなのでそのまま取り付けます。
ボールタップの組み立て
取り外した時の逆の手順で浮き玉を組み立てていきます。

左の写真の通り、ボールタップから弁を取り出すと、その先にはゴムでできたパッキングが取り付けてあります。

前の項でも説明しましたが、この部分が劣化すると水をしっかりと止めておくことができずに、水漏れの原因となります。

今回は、このパッキング部分には劣化はみられなかったので、取り替えずにそのまま元にもどすことにしました。

劣化していた場合には、このパッキング部分を取り替えます。

ホームセンターなどには、弁そのものと、先のパッキング部分のみの両方が売っていますが、弁の部分はめったなことでは劣化しないと思いますので、先のパッキング部分だけを買ってくれば大丈夫です。この時にも、古いパッキングを持っていって、店員さんに同じものを聞いて買ってきましょう。

※パッキングの点検(劣化していれば取替)が終わったら、元通りにくみ上げていきますが、前項の分解の時に、しっかりと分解の手順を覚えておかないと、組み上げるのに大変苦労しますよ~


ボールタップの取り付け

ボールタップをタンクに取り付け
これまた逆の手順で取り付けていきます。

外したときの逆の手順で取り付けていきます。ネジがつぶれてしまわないように、まっすぐ丁寧に取り付けましょう。

※そんなに難しくないと思います。ここまでくればあと一息ですよ!


しめつけ

しめつけ
スパナできちっと締めておきましょう。ここから漏れちゃったら本末転倒です。

ボールタップを取り付けていたナットをしっかりと締め付けます。この作業はうっかり忘れる人はいないとは思いますが、しっかりと締めてくださいね。

※わかりますよね?ここでしっかりと締めておかないと、後で元栓を開いたときに………ああ、恐ろしい(笑)


元栓を開こう

元栓を開く
元栓をそろ~っと開けてみます。

いよいよ元栓を開いていきます。

一気にあけないで、はじめはすこ~し開いてみて、各所から水漏れがないかどうかを確認して、大丈夫そうなら、少しずつ元栓を開いていきます。

※どれくらい開けばいいのか、わからない人はタンクの中の水のでる勢いを確認して、ベストだな!と思えるくらいに調整してください。

完成!

完成
きちんと中に水がたまるようになりました!
あとは水がたまったときにきちんと浮き玉が浮いて水が止まるか確認して終わりです